家計簿TOP > 操作アイコンについて > 予算/開始残高設定について
予算/開始残高設定について
支出費目の予算と財産費目の開始残高を設定します
予算額
  • 予算を入力します。
  • 入力するには、予算額欄をクリックし、enterキーを押します。
  • 編集可能な状態に変わりますので、予算額を入力してください。
  • 入力が終わったら enterキーを押して、確定させます。
  • 補助費目のある費目には直接予算を設定できません。補助費目に設定してください。費目の数字は、その費目に登録してある補助費目の合計額になります。
今月計
  • 今月の現在までの金額が集計されて表示されます。
  • 補助費目のある費目の数字は、その費目に登録してある補助費目の合計額になります。
進捗
  • 今月計が予算にたいしてどのくらいになっているかをパーセント表示します。
  • 予算に対して100%をこえたものは赤で表示されます。
お姑
  • 支出費目すべてで予算を超えると警告が発せられますが、お姑チェックは、毎日の進捗具合によって警告を出させる機能です。
  • 例えば、食費、交際費のように割と頻繁に利用する可能性のあるものにチェックをつけておくと、日々購入する金額の進捗具合によって警告が発せられます。
  • 家賃や水道費など決まった日にいっぺんに支払うものに関しては外した方がいいかもしれません。
開始残高
  • 開始残高を入力します。開始残高の数字は、入力をはじめる前の日の数字をいれるようにしてください。
  • 一旦開始残高を設定したら、その日より前の日付のレシートは入れないようにしてください。例えば、11月1日からつけはじめる場合、10月31日の残高を入力します。10月31日の残高をいれたのに10月28日のレシートを入力すると、集計があわなくなります。どうしてもその日より前の日のレシートを入力したい場合、
  • 入力するには、開始残高欄をクリックし、enterキーを押します。
  • 編集可能な状態に変わりますので、開始残高を入力してください。
  • 入力が終わったら enterキーを押して、確定させます。
  • 補助費目のある費目には直接開始残高を設定できません。補助費目に設定してください。費目の数字は、その費目に登録してある補助費目の合計額になります。
備考
  • 預貯金や借金の補助費目にだけ設定するもので、その補助費目を収支計算書に計上させるかどうかを設定します。
  • 収支計算書に計上された場合、預貯金は“貯蓄”、借金は“借金返済”と表示されます。
  • 設定は、クリックするだけで行えます。計上しないようにするには、再度クリックをします。
予算設定/開始残高設定ポップアップ
  • 支出予算設定と財産費目の開始残高設定を切り替えるのに使います。
補助費目の追加
  • 現金以外の費目に補助費目を追加できるすることができます。補助費目は費目をもっと細かく分けて集計したい場合に利用されます。
  • 補助費目を追加するには、まず何の費目を細分化するのかを決めます。
  • 預貯金や借金返済の費目には「予算設定」から直接補助費目の追加ができません。「開始残高設定」に変えてから行ってください。開始残高設定への変更は画面左上にある「予算設定」と書かれたポップアップをプルダウンして選びます。
  • 細分化したい費目をクリックします。
  • 補助追加文字がアクティブになるのでそれをクリックします。( 左の図の赤い○は説明のためにつけたもので、実際にはありません)
  • 費目の下に「名称未設定」という補助費目が追加されます。
  • 適宜必要な名称に変更してから、enterキーを押して確定させます。

Undo機能により補助費目追加を取り消すことができます。

補助費目の一つもない費目に補助費目を追加しようとしている場合、もし、その費目が既にレシートの中で使われている場合は、それらの費目がすべて新しい補助費目に取って変わります。例えば、上の補助費目の追加を例に取って考えてみましょう。既に水道光熱費と入力したレシートが何枚かあった場合 最初に“水道”を追加すると、水道光熱費として入力してあったものがすべて“水道”に変わります。続いて水道光熱費に他の補助費目(電気、ガス)を追加したあとで、費目別明細表を使って“水道”を開き、個々のレシートを確認して、正しい本来の費目に訂正してください。
なお、このように補助費目のない費目に初めて補助費目を追加しようとしている時で、かつ、その費目が既にレシートに使用されている場合には、警告が表示されてその作業を取り消すことができるようになっています。

補助費目の削除
  • 削除したい補助費目をクリックします。
  • 補助削除文字をクリックすると削除されます。
  • Undo機能により補助費目削除を取り消すことができます。
  • 削除しようとしている補助費目が既にレシートの中で使われていたり、また開始残高が設定されていたりした場合、削除ができません。開始残高をゼロにしたり、レシートから使っている部分を消去もしくは他の費目に変更してから再度お試し下さい。なお、こういったケースの場合アラートが表示されるようになっています。
補助名称の変更
  • 名称変更をしたい補助費目をクリックします。
  • enterキーを押すと、編集可能状態に変わります。(補助費目追加の3番目の図をご覧下さい。文字の回りに強調色の四角い枠ができます。補助費目追加の1番目の状態は選択しているだけの状態で、編集可能状態ではありません。)
  • 変更後、enterキーを押して確定させます。
費目の追加・削除・名称変更
  • できません